ゆかた


ゆかた(浴衣)って、なんなんだろう?

と、ちょっと考えてみた。

今はゆかたと言ったら花火大会みたいなお祭りに行くときに着るものだと
思っているけれど、漢字から考えるとお風呂できる衣って感じだよね。

せっかく気になったので、調べてみた。

昔蒸し風呂しかなかった時代には、ゆかたを着てお風呂に入るものだった
らしい。

その後、現在のようなお風呂の形式になってからは、お風呂をあがってから
着るという着方になったのだそう。

お風呂上りに着るくつろぎ着が転じて、ゆかたは夏の普段着として
定着したのだそうだ。

でも、なんで浴衣をおまつりとかのイベントで着るようになったのかな?

やっぱり、ゆかたは、帯を結んだり、着付けをしたりと洋服より着方が
難しいからかな?

着付けは難しいけど、なんとなくお祭りとかで、ゆかたを着ている人を
見かけると、何だかお祭り感が増すよね(笑)

みんなそれぞれ違う生地、違う仕立てのゆかた、違う帯の色や結び方をして
いるから、お祭りに行って、ゆかたを着ている人を見るだけでも楽しい。