ユニクロ ゆかた


ユニクロのゆかたってどうなんだろう?

ユニクロは安いというイメージがあるから、ゆかたも激安なのかな?

デザインはどうなんだろう?

芸能界でもいろんな人がブランドを作ってゆかたのデザインをしている。

例えば
・倖田來未
・松田聖子
・押切もえ
・ツモリチサト

ネットでゆかたを検索してみると、よく見かける名前が
・ツモリチサト
・無松庵
・源氏物語

うーん、どれもこれも良さそうだなぁ。

でも、やっぱり浴衣は本場の京都かな?

と夢見ているけど、予算が・・・。

今回はユニクロのゆかたにトライしてみよう。

ゆかたのセットが3900円は激安だもんね。

ふむ。なかなか可愛いデザインのゆかたがあるじゃない!

私は相当のユニクロ愛用者。

下手すると、ある日の服装が上から下まで全部ユニクロの場合もある(笑)

だから、ユニクロのゆかたにも相当期待してる。

子供 ゆかた


子供のゆかた姿って可愛いよね。

私もそうだったけれど、きっと子供自身はゆかたの良さがわからないん
だろうけど、大人にとっては子供のゆかた姿は愛らしい。

大人のエゴかもしれないけど、子供のゆかたコンテストなんてGood!(笑)

自分に子供ができたら、子供用ゆかたセットの安いやつとかじゃなくて、
是非自分で仕立ててあげたい。

涼しそうなゆかたの生地の反物を買って、縫い方を勉強して、
型紙を準備して、仕立てて。

着付けも帯の結び方もちゃんと勉強して着せて、髪型もセットしてあげて。
私は子供の頃、髪の毛が短くてヘアアレンジが小物を飾る程度で、
子供ながらに残念がった覚えがあるから、もし私の子供が女の子だったら、
髪を伸ばしてヘアアレンジしてあげよう!

子供にゆかたを着せたら、一緒にお祭りに連れて行って、屋台でりんご飴を
買ってあげて。

子供の頃、ゆかたを着せてもらって、お祭りに連れて行ってもらったのを
思い出すと、今でもわくわくする。

私の未来の子供も、私が作ったゆかたを着て、お祭りに行ったらワクワク
してくれるかな?

ゆかた 着付け


一昨年、花火大会に行くためにゆかたの着付けをしてもらったことがある。

着付けてくれた人が「ゆかたの着付けは簡単なんですよー。」と言って
いたし、見ていたらそんなに難しそうでもなかったので、次の花火大会に
行くときには雑誌を買ってきて自分でトライしてみた。

ゆかた本体を着付けるのは大きな問題も無く、無難にすんだ。

さて、問題の帯結び。

ヘアゴムを使って、帯に細工して着付けるんだけど、これが雑誌に
書いてあるように簡単には行かない・・・。

帯を結び終わるまで45分・・・。

もう、汗びっしょり。

ゆかたを帯を着付けるのに手間取ってしまったので、慌ててヘアアレンジを
して、小物の手提げ袋をもって、下駄を履いて走っていった。

その年新作の浴衣をきてカランコロンとゆっくり歩いていきたかったのに、
下駄でダッシュ(笑)

やっぱり、ゆかたを自分で着付けようと思ったら、出来上がっていて
差し込むだけの簡単な帯がセットになったものを買うべきだったかも。

ゆかた祭り


世の中には「ゆかた祭り」なるものが存在するらしい。

どんなお祭りなんだろう?

「姫路ゆかた祭り」は、江戸時代の姫路市でお祭りに参加する人たちが
式服を用意できなくて、ゆかたでお祭りに参加したことから始まって、
ゆかた祭りになったのだそうだ。

広島のゆかた祭りは2種類あるみたい。

とうか大明神で行われるお祭りが別名「ゆかた祭り」で1種類。

広島大学で行われている「ゆかた祭り」がもう1種類。

なぜ、ゆかたを着るのかにはいろんな説があるみたいだけれど、
お祭りで盆踊りとかあったら、やっぱりゆかたで踊りたいよね。

風流だもん(笑)

ゆかたは帯と下駄と小物といろいろセットでアレンジする面白さもあるし、
どんな生地で仕立ててあるかを選ぶのもすごく面白いし、ヘアアレンジを
考えるのも楽しい。

お祭りとかで他の人に見られるのも、すごく気分がいい!(笑)

ただ、Tシャツ&短パンに比べたら、夏には暑いのが難点・・・。

ゆかた


ゆかた(浴衣)って、なんなんだろう?

と、ちょっと考えてみた。

今はゆかたと言ったら花火大会みたいなお祭りに行くときに着るものだと
思っているけれど、漢字から考えるとお風呂できる衣って感じだよね。

せっかく気になったので、調べてみた。

昔蒸し風呂しかなかった時代には、ゆかたを着てお風呂に入るものだった
らしい。

その後、現在のようなお風呂の形式になってからは、お風呂をあがってから
着るという着方になったのだそう。

お風呂上りに着るくつろぎ着が転じて、ゆかたは夏の普段着として
定着したのだそうだ。

でも、なんで浴衣をおまつりとかのイベントで着るようになったのかな?

やっぱり、ゆかたは、帯を結んだり、着付けをしたりと洋服より着方が
難しいからかな?

着付けは難しいけど、なんとなくお祭りとかで、ゆかたを着ている人を
見かけると、何だかお祭り感が増すよね(笑)

みんなそれぞれ違う生地、違う仕立てのゆかた、違う帯の色や結び方をして
いるから、お祭りに行って、ゆかたを着ている人を見るだけでも楽しい。